メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
Animal Hospital

石井どうぶつ病院

〒262-0045
千葉県千葉市花見川区
作新台6-18-34

TEL.043-286-8777

地図

混合ワクチン(種類:3種混合、9種混合など)

犬の予防生後1.5〜2ヶ月位に、最初のワクチン接種を行い、以後1ヶ月ごとに、合計2〜3回の接種を行います。
その後は、1年に1回の追加接種が必要です。
接種するワクチンの種類は、ワンちゃんの今後の生活環境に合わせて、ご相談の上、決定しています。
また、当院では、混合ワクチン接種時に、無料にて糞便検査を行っておりますので、なるべく新しい便をご持参ください。

フィラリア予防

蚊が媒介するフィラリアという虫は、犬(稀に猫)の心臓に寄生します。
以前は、フィラリア症で死亡する犬が多く見られましたが、今は広く予防が行われるようになり、死亡例はかなり減少しました。
予防は、蚊が出始める月の1ヵ月後〜蚊がいなくなる月の1ヵ月後までの間、1ヶ月に1回、予防薬を投与します。(種類:おやつタイプの薬、錠剤、滴下薬など)
当院では、5月から12月までの8ヶ月間の投薬をお勧めしております。

狂犬病予防

狂犬病は、感染し発症すると治療法がなく、死亡率が100%(犬、人間とも)の怖い人獣共通感染症です。万が一、周辺の国から、日本に狂犬病が侵入して来た場合、感染の広がりを阻止するために義務付けられています。
混合ワクチン終了1ヶ月後以降に、接種し、登録を行います。

ノミ・ダニの予防

この地域は、ノミに加えマダニの寄生が多く認められます。
ノミは、平均気温が13℃を超えると、活発に活動すると言われています。
春夏の暖かい季節だけでなく、快適な暖房の効いた室内では、冬の間も活動しています。
1〜2ヶ月に1回、背中に薬を滴下することにより、退治・予防ができます。
それぞれの生活環境に合わせた投薬をお勧めしております。

ページの終了